Noriyasu_Katano's blog

脳科学や量子力学、政治や戦争に関して、日々の感じた雑感を書いていきます。

一番難しかった問題ー『天才数学者たちが挑んだ最大の難問』<その4>

http://www.flickr.com/photos/74386336@N00/451150081

photo by stereo sky

1993年6月、この世で一番難しい問題が解けました。 その問題とは、「フェルマーの最終定理」です。

この本は、一番難しいとされてきた問題「フェルマーの最終定理」を解くまでの話が書かれています。もちろんそのために必要な数学的歴史背景も書かれています。

 では、「フェルマーの最終定理」とはどんな問題だったのでしょう。
「an+bn=cnはnが2以上の整数だと成り立たない。」という問題です。この定理を証明するのに300年以上がかかったと思います。 a2+b2=c2は有名なピタゴラスの式です。直角三角形の一番長い辺の2乗は短い2辺のそれぞれの2乗の和に等しいという方式です。
この乗算の数が、2以外の数では成り立たないことになります。 

 関連記事

広告を非表示にする