Noriyasu_Katano's blog

脳科学や量子力学、政治や戦争に関して、日々の感じた雑感を書いていきます。

【ネタバレ注意】『鎌倉殿の13人』に見る日本人の萌えポイント

2022年5月1日(日)、NHK大河の『鎌倉殿の13 人』が放送された。20時のNHKで放送された直後にYahoo!ニュースで既に「義高ロス」が報じられる。なんとも準備していた演出が見えすぎて視聴者を馬鹿にしすぎている。 news.yahoo.co.jp

そんなことはさておき、この三谷幸喜脚本の『鎌倉殿の13 人』は日本人が萌えるポイントがよく描かれていると思った。 特に今回の「助命と宿命」に関しては、日本人が大好きな忠臣蔵を思わせる演出。こんな演出に萌えに萌えてしまうのが日本人だとつくづく感じてしまった。

続きを読む

日本人から見た日本人〜『空気の研究』を読んで

またまたつまらない内容だが、自分の備忘録のために。 『菊と刀』を読んでアメリカ人が分析する日本人が何となく理解できたので、今度は日本人から見た日本人を読み解いてみたい。山本七平の『空気の研究』は1977年に出版された本である。山本七平自身戦争を体験した人で、戦後数十年経って出版された本である。

この2冊は、日本人という研究対象を全く真逆の立場から書かれている。片方はアメリカ人の女性で人類文学者という立場で、戦後早い段階で出版されている。片や『空気の研究』は30年くらい経った後日本人の男性で兵士として戦争に参加した人物が書いている。しかし、2冊が捉えた日本人像は概念的に共通している点が多い。もちろん、山本七平が『菊と刀』を読んでいないという確証はないので、もしかしたら何らかの影響は受けている可能性は十分にある。

続きを読む

ベネディクトが予見していた日本の未来〜『菊と刀』を読んで

f:id:Noriyasu_Katano:20220417205212p:plain

菊と刀』を一章ごと細かく読んできました。自分の中でも常々「日本人ってどうしてこんななんだ」と残念になることがあり、今回それが色々と理解できた様に思います。もちろん自分自身が日本で生まれて、日本で育っていて、99%日本人に囲まれた生活をしているので、ある意味日本人しか知らない分際で日本人を比較した穿った見方をするのもおかしいのですが、テレビの影響なのか、日本人のおかしな点を感じることがあります。

菊と刀』はアメリカの女性文化人類学者が戦後に出版し、当時日本でもベストセラーとなり、教科書にも掲載された本です。著者であるルーズ・ベネディクトは最後の章でこれからの日本の在り方、進むべき方向を彼女なりに示していました。 今、読んでみると彼女の見立て通り、日本は進んでいるのかもしれません。

続きを読む