Noriyasu_Katano's blog

脳科学や量子力学、政治や戦争に関して、日々の感じた雑感を書いていきます。

40歳になって広範性発達障害と診断された。(4)

Family

前回の続き

noriyasu-katano.hatenablog.com

再度病院探し

広範性発達障害と診断され、発達障害者支援センターというものがあるので、そこにも電話をした。ここがまた事務的なところだった。こちらとして、どのように改善していけば良いのかわからなく、それをどこにどうやって相談していいのかもわからない状態。お腹がいたいのなら内科にいくし、骨を折ったら外科にいくが、頭がおかしくなって、性格をなおしたい場合はどうすればいい?発達障害という診断が下されて、それは病気じゃないと言われても障害として言われている。なので、専門的に相談できそうな発達障害支援センターに電話したのに、「病院ではないので」と言われる始末。

 では、そちらでは何をしてくれるのですか?と尋ねると、「発達障害者の相談にのったりします。」と返答があった。コントかと思わせるくらいの回答を大真面目に答えてきて、こちらも余裕がないから半分キレ気味で話していると、上司に変わり、まずは性格をより詳しく診察できるウェクスラー成人知能検査(WAIS)を受けてみてはと言われた。

h-navi.jp

神奈川県にある大人の発達障害を見てくれる病院

早速、最寄りの心療内科を調べた。診断した病院は相性が合わないと勝手に判断して、別のところを探そうと思った。多分、先生の中には発達障害自体は性格的な問題なので、診療内科で取り扱うものでもないと思っている先生もいるのではと思った。

tokyo.asdj.org

神奈川在住なので、こちらのサイトからリストアップされたところを絞りこみ電話をしてみた。大半が駅から遠く大きな病院が挙げられている。イメージとしては隔離病棟に近いイメージだ。何件か電話してみたがどこも忙しそうで、初診を見ていない病院もあった。そして、やはり最初に診断したところに診てもらうのが良いと言われた。

ウェクスラー成人知能検査(WAIS)

 ウェクスラー成人知能検査(WAIS)はどこの病院でも対応しているようで、必ず対応はしているが最初に診断してから受けるように言われた。そのため、なかなか予約ができない状況。検査を受け次第、またネタにしたいと思う。

ウェクスラー成人知能検査 - Wikipedia

自分を肯定する

今回の件は自分自身でも非常に勉強になった。そして、自分にとって病院に行くよりも、 行動認知療法の本を読み、自分のことを色々と紙に書き連ねるほうが思った以上に効果があった。特に役になったのは自分の「良い所」と「悪い所」を書き連ねたことだ。良い所が全く出てこなく、悪い所ばかり挙がってきた。

あまりにも悪い所ばかりなので、この悪い所を考え直してみようと思った。一つ一つの項目に何が悪いのかを書いた。例えば「暗い」と思うなら、それは「物静か」だと変えられる。「ネガティブ」と思ったら、「ネガティブがそれほど悪いか」「現実的に物事を捉えている」と考え方を変える。悪い所リストの終盤になると自分を肯定できてくる。

もう一冊とても参考になった本を紹介。こちらの本も気になった章を読むだけで非常に参考になった。実際に発達障害と診断された方とそれを診断した先生が書いているので、自分が経験したことに近く分かりやすかった。特に自分にあった病院を選ぶ方法など、分かりやすく書いてある。もし、同じような状況の方やその方の周りで関わっている人には是非読んでもらいたい。

 まとめ

今回の件は自分を成長させる上でとてもいい経験ができたと思う。多分、もしかしたら再発するかもしれないが、それはそれで良いのではと思う。

発達障害と診断され初めて自分事化できたと思う。気づいていないだけかもしれないが、多くの人がこれに近い傾向がある。自分の思考の癖を知っておくことは悪くはないとだと思う。特に自分を労わる事を忘れてしまった人には立ち止まって自分を見直す必要がある。さらに、最後に紹介した本に記載されている事は特別な人たちに対しての接し方というよりも一般的な事である。いろんな価値観が蔓延していて自分の考えや価値観が他人とは大きく違うという事をもっと自覚して他人と接する時代なんだと思う。

 

noriyasu-katano.hatenablog.com

noriyasu-katano.hatenablog.com

noriyasu-katano.hatenablog.com

 

広告を非表示にする