読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Noriyasu_Katano's blog

脳科学や量子力学、政治や戦争に関して、日々の感じた雑感を書いていきます。

ウェクスラー成人知能検査(WAIS)をやってきた

by Daria / epicantus

先日ウェイクスラー成人知能検査(WAIS)を受けてきた。一連の事があり、再度診療内科に連絡をして、検査の日取りを調整して行ってきました。

この検査は自分の考え方の傾向を見るのに良いようです。どの様な点が強くてどこが弱いのかなどがわかるということ。発達障害は障害と名前がついているので、脳機能の障害の様に受け取る人が多いと思うが、その様なことは全くなく、考えかたや認知の受け取り方が違うということをよく理解してもらいたい。

 私も自分で診断されるまでは、その様に思っていたが、実際、自分の脳機能としては正常に動いていると認識している。しかし、あくまでも自分の認識なので、他の人から見たら脳に障害がある様におもえてしまうのかもしれないが。

なので、一度自分の考え方や受け取り方を見直そうと思い検査を受けることにした。

個別式検査 WAIS-III成人知能検査|日本文化科学社

始めに

検査は非常に簡単だが、拘束時間が長い。私の場合は2時間半で、通常でも2時間から3時間かかる。心理カウンセラーとゆったりした部屋で行われる。始めに今回なぜ受けようと思ったのかなど簡単なヒアリングを受ける。私はすでに診察を受けて診断されていたので、すんなり受ける事ができたのかもしれない。もし、単純な好奇心の場合は断られるのかもしれない。拘束時間が長いのでテストを出す側も余計なことはしたくないと思う。

予約の電話では何も持ってこなくて良いという話だったので、何も持っていかずさらに単純な筆記試験だけかと思ったら、応答しながら進む検査で口頭で答えなくては行けなく、喉が乾いた。もし受ける人がいたらペットボトルの飲み物を持て行った方が良い。

検査開始

検査内容はいたって簡単。絵を見たり、パズルで答えたり、IQ試験のような問題を答えたりする内容。

私の場合は始めに生活を切り取った絵を見せられ、その絵の中で大切なものが欠けているのを指摘する内容だった。その他、言葉の意味を答えないさいという様な問題もある。始めのうちは簡単な言葉「冬」だったり、「米」だったりという様な普段使っている言葉の意味から、最後の方は普段全く使わない様な言葉も出てくる。一つの問題をおよそ10分程度行った。

まだ結果は出ていないのが、感想として、職業がらビジュアルの要素の問題は簡単に解けましたが言葉や数字が出てくると、お手上げ状態。カウンセラーが言った数字を単純に繰り返す問題など、最初は2桁からスタートして最後は6-7桁になっていくと、自分の中で言葉が崩壊しているのがわかった。

言葉の意味を答えるのも同じで頭に思っていることを口に出しながら、頭の中で文章を構成して行っていったが、途中から何を言いたいのかよくわからなくなっていく。

つまり、ビジュアルからの受け取りはよくできるが、言葉や数式などからの受け取りなどがうまく機能していないのではないかと思う。

最終的な結果が出たら、こちらでまとめたいと思う。

ちなみに、こちらの検査は全額負担なので。この病院の場合は検査で2,000円程度、結果に1万円程度かかる。

I.Q インテリジェントキューブ
 

 

 

 

 

広告を非表示にする