Noriyasu_Katano's blog

脳科学や量子力学、政治や戦争に関して、日々の感じた雑感を書いていきます。

映画

【ネタバレ注意】映画『メッセージ』と短編小説『あなたの人生の物語』を比較

Instagram 前回に引き続き映画『メッセージ』について書いていきます。 noriyasu-katano.hatenablog.com 映画が面白かったので原作を購入しました。原作はテッド・チャンの『あなたの人生の物語』です。7本の短編から構成されており、その内の1本です。 印…

【ネタバレ注意】映画『メッセージ』を観て

映画『メッセージ(原題:Arrival)』を観てきました。ある日突如地球上に大きな物体が、世界12カ国上に現れます。主人公の言語学者は軍の要請により、物体の中にいる知的生命体とのコミュニケーションを図ります。テッド・チャンのSF短編小説『あなたの人生…

教授の想いが詰まった学術書『量子論から解き明かす「心の世界」と「あの世」』

学術書は一般的に専門的な知識が書かれた本になります。私はもっぱら小説などのフィクションものよりもノンフィクションを好んで読みます。どうせ本を読むのならよりストレートに役にたつ本の方が効率的だと思っているからです。そして、私の特徴上あまり行…

『この世界の片隅に』と『君の名は』

Instagram やっと見ることができました。子供たちと行こうと思ったのですが、戦争映画だから嫌だと断られてしまい、会社を休んで見に行きました。 年の終わりに『君の名は』と『この世界の片隅に』で、立て続けに良い日本アニメが放映され、日本のアニメは本…

攻殻機動隊に見るトランスヒューマニズム(人間超越主義)

人のすすめから2004年に放送された「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」を見ている。映画は見ていたので話のコアな部分は理解していた様に思っていたので、その当時は仕事に忙殺されて見ていなかった。攻殻機動隊に常に感じるのは常にリリースされた時代から…

人工知能で人類は物づくりから解放される

先日、NHKスペシャル『天使か悪魔か 羽生善治・人工知能を探る』が放送されていた。Googleのディープラーニングを中心に羽生名人が国内・国外を取材するという番組内容でした。 www6.nhk.or.jp 人工知能の技術は発展している。その中でもgoogleの「Deep lear…

塩田明彦の『映画術』を読んで:第二回「顔」

前回に引き続き、塩田明彦監督の『映画術』で紹介された映画を淡々と貼り付けていこうと思います。映画の詳細とかは、検索してもらえるとあらすじなどが出てきます。 noriyasu-katano.hatenablog.com 今回は、第二回講義の『顔』を取り上げています。

塩田明彦の『映画術』を読んで

塩田明彦監督の『映画術』が面白すぎる。映画美術学校アクターズ・コースの共通講義として行われた「映画表現論・演技と演出」の内容を本にしたものだ。塩田監督が持っている演出、演技に関する考えを実際の影響を受けたシーンなどをもとに構成されている。…

映画『マネーボール』を見て(今週のお題「ゴールデンウィーク2015」)

photo by adwriter 2015年のゴールデンウィークも最終日になり、最後の日に映画『マネーボール』を見ました。前から見たかった映画です。公開時は単なる野球のスポーツ映画だと思っていました。しかし、どこかの記事でマネーボールが今までのメジャーリーグ…

量子力学が面白すぎる:【ネタバレ注意】『Interstellar(インターステラー)』を見て

photo by brdonovan やっと念願のInterstellar(インターステラー)を見ることができた。はっきり言ってめちゃめちゃ面白い映画だと思います。クリストファー・ノーラン監督の作品は科学的で哲学的でありながら、映像のセンスが抜群にかっこいいのがとてもし…

アンジェリーナ・ジョリーの映画『UNBROKEN』が日本では非公開

photo by Magdalena Roeseler どこの国にもその国の都合上「あまり国民にみせたくないなー」ということで上映禁止になった映画ってけっこうあると思います。町田氏「未公開映画を観る」という本を読むよよく分かります。 松嶋×町山 未公開映画を観る本 作者:…

金曜ロードショウ「エヴァンゲリオン Q」を観て

photo by taka_suzuki ずいぶん前にエヴァンゲリオンが金曜ロードショウで放送されていました。TV初公開だったようです。映画館で公開されていた時は子供ができ観にいけなかったのです。DVDが出た時に借りて夜中一人で観ていました。金曜ロードショウで「破…

ダヴィンチ・コードに秘められた真実―映画『ダヴィンチ・コード」より

photo by zen 映画『ダヴィンチ・コード』を見てきました。 監督は『ビューティフルマインド』や『アポロ13』、『24』なども撮っているロン・ハワード監督です。 いろいろと絵画に秘められたミステリーが際立って目立っている映画ですが、私の見解はこの映画…

映画の歴史について 『Nouvelle Vague(ヌーヴェル・ヴァーグの奇跡)』のメモ

photo by roeyahram 以前から映画史には興味を持っていました。といっても漠然とした知識しかなく、書店に足を運んでも大半の映画関連の本は批評物しか置いていないので、あまり、触れることが出来ませんでした。 結構自分では映画を見ているつもりですが、…

映画「誰も知らない」追記(「iFinder 雑読乱文」より)

photo by Bes Z ちょっと自分なりに興味がわいたてあの映画の続きが知りたかったので調べてみました。そうしたらこちらのブログで細かく調べてくださってましたので、勝手ながらリンクをはらせてもらいました。 誰も知らない<巣鴨子供置き去り事件> | iFin…

映画『誰も知らない」

photo by h.koppdelaney 柳楽優弥の演技がものすごくうまいと思いました。 基本的に出ている人の演技はうまかった。youの演技は今ひとつだが、あの歳であれだけのかわいさを表現できるのはあの人くらいしかいないだと思います。 しかし、彼の演技には引き込…

徒然なるままに—映画『イノセント』を観て

photo by ZEISS Microscopy 先日、映画「イノセント」を見ました。奇麗でした。話も面白かったです。そして、私なりの解釈としては、「思考実験」と感じました。そう考えると大半のマンガが「思考実験」となってしまいますが。 何が言いたいかというと、まず…

ラストデイズ

photo by Carlos Andrés Restrepo ラストデイズを見てきました。 http://www.elephant-picture.jp/lastdays/ カートコバーンの最後の3日間を描いた作品です。泣きそうになりました。深夜、一室で歌を歌っている姿を見て、あまりにも切なくやりきれない思いに…

営みー『裸の島』

photo by Don McCullough 『裸の島』は初めから最後まで登場人物が一言もしゃべらず一年が過ぎて行く映画です。まさに人間の営みって「これでいいんだ」って納得させられます。 冒頭の30分は父親と母親が水汲みをひたすら行います。離れ小島に住んでいる親子…

うまい映画

photo by Chodaboy ※うまい映画とは、撮り方が上手いのはもちろん、「おいしい」という意味です。 うまい映画を見るたびに、なぜ自分が料理人の道に進まなかったのか自分の人生を悔やむ事がある。最初にそう思わせてくれたのが『コックと泥棒、その妻と愛人…

かつらいす

photo by tkosaka この「映画みまくり期間」の中で、特にはまってみていたのが『眠狂四郎』シリーズです。 市川雷蔵最高です!! 彼の作品を最初に見たのが一年前くらいだったと思います。ちょうど実家に帰って衛生放送で市川雷蔵特集で『ある殺し屋』を観ま…

数学ってすばらしい『博士の愛した数式/小川 洋子』

photo by karimiaz 是非、数学嫌いの女性に読んでほしい一冊です。 僕の前の彼女はほんと数学嫌いでした。計算をしているとすぐ眠くなってしまうくらいです。女性には数学嫌いの人が多いと思います。この本を読んでくれたらもっと数学が好きになってくれただ…

日本映画への誘い

photo by alf.melin この数ヶ月間寝る間を惜しんで映画を見まくってまいした。 新しい感覚を求めるには、映画が一番ですね。最近はめっきりハリウッドに興味がなくヨーロッパ映画や日本映画にと手を出しています。特に日本映画は面白く本数も多かったです。 …